赤松・黒松フローリング [木魂] 木材コンシェルジュが厳選した無垢材 |赤松・黒松のフローリング

TEL:03-3522-4169

受付時間 9:00-18:00[水曜定休]

(まつ)

樹種説明
施工例
印刷

侍浜松(地松・赤松)について

侍浜松(地松・赤松)

侍浜松は、古くから日本の代表的な高級材として使用されてきた 岩手県産の赤松フローリングです。

美しいだけでなく耐久性も兼ね備えており、強度を要する構造材に使用されるほど頑強です。 国産材の中では最も木目がはっきりしていて、樹脂成分も多く、使い込むうちに非常に艶が出るのが赤松フローリングです。侍浜松が持つ重厚かつダイナミックな木目は、日本の歴史的な住空間を見事に演出します。

侍浜松(地松・赤松)の詳細へ


木魂黒松について

木魂黒松

抜群の艶と力強い杢目が特徴的です。
現代においては希少性の非常に高い国産黒松フローリングです。

黒松の持つ艶を最大限に発揮できるように仕上りにも拘ります。 このフローリングの木肌は陽に当たると紅緋となり、どんどん艶が増していきます。 もう、間もなく枯渇するであろう資源を大切に活用し、できる限り長く使って頂ける様に1枚1枚心を込めた素晴らしい艶をお届けさせて頂きます。

木魂黒松の詳細へ


美作赤松(ミマサカアカマツ)について

美作赤松(ミマサカアカマツ)

ただでさえ少なくなってきた山陰地方の赤松の中でも
節の少ない希少部位の厳選した材料から作り上げられています。

古来から山陰地方の赤松は全国に名を馳せていました。特に中国地方では梁にはもちろんのこと柱にも使用されてきました。 和室周りの廊下などには無垢フローリングとしてよく採用されてきました。 美作赤松は、年月が経つと赤みが増すと共に身が締まり素晴しい艶も出てきます。

美作赤松(ミマサカアカマツ)の詳細へ


剣道場用国産赤松集成材について

剣道場用国産赤松集成材

武道場や剣道場の専用床材です。集成材なので寸法安定性は高く、国産赤松を使用した環境にも配慮したフローリングです。

古来から武道場や剣道場の床材には、杉・桧・松などの針葉樹を加工した床材が用いられる事が多く見られました。 杉や桧は、資源として潤沢ですが、近年では松は松喰い虫などの影響から資源が乏しくなってきています。 以前は、霧島松・日向松・南部松・津島松など全国に銘木と言われる松も存在しました。 昨今では、松資源を有効に活用するべく小さな部材でも集成材などとして活用します。

剣道場用国産赤松集成材の詳細へ